Go to content
フロム鉄道から見たフロムズダーレンの川とラーラーヴェーゲン
背景にフレットライムホテルの一部が見える夏の日のパティオ家具
フロムズダーレンに向かう途中、フロム・ジップラインからぶら下がっている2人
青い空と緑の草原とともにフロムスダーレンの川に沿ってサイクリングする2人
フロムベーカリー近くの岸壁にいる人々と晴れた夏の日
フィヨルドの未来の船首からネーロイフィヨルドの写真を撮る女性
前面にリンゴの木と羊を持つアウルランドスフィヨルド

フロムの最高のものを一日で

フロムは皆さまのための活動を行っています。場合により、1 日のみのご利用では選択するのが難しくなる場合もあります。お客様が世界で最も美しい鉄道の旅の1つであるフロム鉄道を体験し、フロムジップラインに挑戦し、ラーラーヴェーゲンとナルイフィヨルドの近くで壮大な自然を探索されるため、私たちは最適な日程をまとめました。もちろん、この地域の魅力的な料理文化をお試しになり、それについて学ぶ時間もあります。

バラ園から見たフロムのフレトライムホテル

7時30分:フロムでの一日は朝食から始まります

フレトライムホテルで朝食を楽しむためのふんだんな時間を過ごして一日をスタート。フロムベーカリーの焼きパンやその他の焼き菓子、ハウゲン・ガルクスマットのクリスピーベーコン、ソグン・ジョール・オグ・ハゲブルクスクルとレルダルの新鮮な野菜は、アクティブな朝を通してお客様のエネルギーレベルを必ず維持してくれます。

朝食のテーブルから、ホテルの最も近いお隣さんの1つ、フロム鉄道に移動します。ロンリープラネットとナショナルジオグラフィックの両方で世界で最も美しい鉄道の旅の一つに選ばれました。

お身体が動きやすいきちんとした履物や衣類を着用することをお忘れなく。

フロム鉄道はフロムズダーレンのベレクヴァムで上り坂に入る

8時50分フロム鉄道

フロムとミュルダルの間の鉄道区間も最大のエンジニアリングの偉業の一つに選ばれました。 は20キロメートルの長さで、完成までに1923年から1940年まで約20年かかりました。区間の80%は5.5%の勾配になっていて、20以上のトンネルがあり、そのうちの1つは180度のカーブを通過します!

キヨスフォッセンでの写真撮影のための停止を含んで約50分後、ミュルダルでの終着前に、海抜811メートルのヴァトナハルセンから列車は出発します。

フロムスダーレンのすべてが突然あなたの真下に現れます

フロムジップラインに乗る準備ができて立っている2人の女の子

10時00分:スカンジナビアで最も長いジップライン

心拍数が少し上がる時が来ました。ヴァトナハルセン駅から、 フロム・ジップラインの出発点まで数百メートルの標識に従います。展望台から、フロムズダーレンからコーダル農場までをわたるヘアピンカーブのパノラマの景色を望みます。数分で、あなたはワイヤーで吊り下げられ、そこに飛んでいるでしょう!

大丈夫、心拍数が少し上がる気がするのは全く普通のことです。やはり、これは最高速度約100キロで1,381メートル走行する、スカンジナビアで最長のジップラインです。

ジップライニングが人気の高アドレナリンアクティビティになるずっと前に、フィヨルド沿いの農場でジップラインの伝統が一般的であったことを知っていましたか?かつては、農産物、干し草、チーズ、さらには動物を農場との間で輸送するために使用されました。

ララローザ・ストルシステリ前のヤギの群れ

11時00分:あって当然の丘の上での休憩

地面にしっかりと足を置いてカルダルに降りるときは、農場の建物の間のテーブルの1つに少しの間座り込むことをお勧めします。あなたの体験を分かち合い、ララロサ・ストルシステリの茶色のヤギチーズとノルウェーのスヴェレパンケーキで呼吸を整えましょう。もうすぐ起こる新しい体験があなたを待っています。
ララルローザ・ストルシステリは毎年6月から9月まで営業しています。カフェでは、ノルウェーのスヴェレパンケーキやブラウンチーズからヤギのミルクで作られたヨーグルトまで、あらゆるものを購入できます。

フロムスダーレンのララーヴェーゲンでの2人のサイクリスト

11時30分:自転車に乗って近くで見るフロムズダレン

誰かが一番乗りでジップラインを降りたら、フロムジップラインを通じて予約した自転車とヘルメットを受け取ります。

フロムへの帰り道は ・ララーヴェーゲンの最後の部分を通ります - そしてもちろん、サイクリングをします。この道のほとんどは下り坂なので、ここでは澄んだ青い川、小さな滝、小さな農場、山腹のはるか上の鮮やかな緑の土地の景色を楽しむのみです- そして道中ではヤギに気をつけてください。過去を回億しながら、数世代前に急な山腹の下の岩の間に住んでいた人々ことを片隅に思いましょう。

フィヨルドに近づくと、まずはフロムの旧中心部に到着します。立ち止まって1670年から存在するフロム教会が開いているかどうかを確認してください。おそらく18世紀初頭にさかのぼるナイヴィストの壁画は完全に唯一無二のものです。とりわけ、ライオンや鹿などの動物や、これより東には見られないキューポラを持つ宗教的な建物をご覧になれます。

フロムベーカリーの外の太陽の下で素晴らしい時間を過ごしている観光客

13時00分:フロムベーカリーのランチ

フロムに戻ったら、自転車を返却し、フロムベーカリーに向かって散歩します。ランチの時間です!サンドイッチ、ソグネフィヨルド産の地元のフルーツジュース、それとも甘いものを買って行きますか?ここのシナモンバンズには思い焦がれます! フロム・ベーカリーは、自分の工芸品を愛し、あらゆる種類のものを作るパン職人が働く小さな職人のパン屋です。朝食時すでに彼らのパンを試しています。

海岸に食べ物を置いて、少しの間そこにお座りになることをお勧めします。お話することがたくさんあるかもしれません。その後、ホテルの部屋に戻ってシャワーを浴び、着替えます。

さあ、さらに美しい自然を楽しむ時間です。岸壁の電気ボートに乗って、ボートの前かデッキのお席におつきください。グドヴァンゲンへの航海は2時間かかり、アウルランズフィヨルドの外で1時間、ネーロイフィヨルドへ入るのに1時間かかります。

デッキに立って、携帯電話でナルイフィヨルドの写真を撮る女性

15時00分:世界遺産でのフィヨルドクルーズ

ネーロイフィヨルドとその周辺地域がユネスコの世界遺産に登録されているのも不思議ではありません。手つかずの、生で美しく、信じられないほど急な山腹、壮大な滝、小さな農村地域や農産物を栽培できる農場があります。電気で動きフィヨルドと突き抜けて静かに航海する「フィヨルドの未来」または「フィヨルドのビジョン」の受賞歴のあるボートに一つで航海するフィヨルドクルーズに乗るよりもくつろげる体験があるでしょうか。 外側に400メートルのガードレールと床から天井までの窓を備えた絶妙なスカンジナビアのインテリアは、どこにいても壮大な景色を楽しむことができます。 

彼女がネーロイフィヨルドを航海する後ろから見たフィヨルドのハイブリッドボートビジョン

手つかずのネーロイフィヨルド

ウンドレダルを過ぎた直後には、山腹の上にスティゲン・ゴードを垣間見ることができます。そこに到達するためにはしごを登る必要があったので、この農場は「スティゲン」 と名づけられました- ノルウェー語で「stige」という単語は「はしご」を意味します。では、ここに定住したのは誰なのでしょうか?今日では夏のシーズンはB&Bで、14台のベッドはすべて2、3年先まで完全に予約されています。次に訪れてもいいかもしれません!

グドヴァンゲンに到着したら、 シャトルバスに乗ればフロムまで20分で戻ることができます。

フロムに戻ったら、レストランのテーブルの準備が整う前に、部屋で少しの間休む時間があります。そしてお好みの応じて、ご夕食前にもちろん ロビーバー のロビーバーでアぺリチフをお召し上がりになる時間がございます。この素晴らしい風景で取れる素晴らしい農産物のいくつかをお試しください。

フレトライムホテルのレストラン・アルヴェンで花で飾られたベジタリアン料理のお皿

19時00分:レストラン・アルヴェンでのお食事

フレトライムホテルおよび レストラン・アーヴェン は、地域との間と優れた食材の愛情に強いつながりを持ちます。このレストランは主に地元の季節の食材を中心に使用しています。つまり、アラカルトメニューから何を選んでも、滞在中に生産された季節の食材から作られたもので、できるだけ地元で作られていることがよくわかります。そして可能な限り有機的です。しかし、エコラベルが付いていなくても、山の中で一生を過ごした子羊よりも有機的なものは何でしょうか?

ヤギはAurlandの重要な資源でもあるので、おそらく私たちの料理の多くでヒントが見つかるでしょう。サラダ前菜には、白いヤギのチーズ、デザートにヤギのチーズキャラメルがあります。真実は一つ - 疑う必要はありません。私たちのシェフは何をしているのかを正確に知っています。

晴れた夏の日にフィヨルドから見たフロム

21時00分:エギル・ブリッゲリパブの地元の醸造所

しかしまだおやすみを言う時間ではありません....信じられないかもしれませんが、フロムは350人の永住者しかいないにもかかわらず、さらに多くのことを提供しています。以前海岸に降りたなら、バイキングスタイルの建物に気づいたでしょう。これは私たちがお客様が夜を締めくくることをお勧めするところです。

エギル・ブリッゲンパブは醸造所のビールを幅広く取り揃えており、もちろんエギル独自の地元のオプションはリストの一番上にあります。お気に入りを選択するか、えり抜きの品々をお試しください。

高い山々と木々に囲まれたフレットライムホテル

23時00分:歴史的な環境に囲まれておやすみください

1日の興奮を十分に味わったなら、フレトイムホテルの快適なロビーバーでリラックスすることもおすすめです。十分に暖い陽気でしたら、庭で明るい夏の夜を楽しむのも素晴らしいです。

忙しい一日を過ごされたに違いありません。そして午前中には、より多くの体験が美しい西ノルウェーであなたを待っています。山のハイキングやさらなるサイクリングをしに Myrkdalen の山のコミュニティに旅行するのもいいかもしれません。 

おやすみになり、この歴史的なホテルの静けさを楽しむ時間です。当ホテルがサーモン釣りのためにここに来た英国の領主のための宿泊施設として建てられた日を想像できる 歴史的な部屋 を予約されたかもしれません?ゆっくりお休みください。朝に楽しみにするのが宿命となる別の朝食があります。