Go to content
ベッドに座っている間に丸い窓から見ている女性
晴れた夏の日にアウルランフィヨルドから眺めるウンドレーダル
フレットハイム ホテルのタワー スイート上階の室内。氷で冷やしたシャンパンと
中二階から見たミュルダレン ホテルの広いスイートのリビングルーム
ホテル アウルランフィヨルドのダブルベッドと椅子のあるモダンな客室
フロムにある古いストアハウスの外に駐車した5台のヴィンテージカー

ユニークな宿泊施設8選

普段とは少し違った宿泊施設は、どんな休日にも新たな一面を与えてくれます。ロマンチックなミニ旅行でも、家族旅行でも、フロムとミュルダレン周辺の8つのユニークな宿泊施設の中から選ぶことができます。変化に富んだ休日を過ごすために、いくつかを組み合わせことをおすすめします。

ミュルダレンのトロフホーゼンにて。窓の隣のベッドに座っている女性

1.ミュルダレンのトロフホーゼン

ミュルダレンでは、古い干し草の納屋のようなユニークな場所で一夜を過ごす機会があります。昔は、地区のほとんどの農場は、農場近くの辺鄙な土地に小屋を持っていました。これらの小さな小屋は、夏に放牧された牛を山奥の農場に移動させる前に放牧した直後の乳搾りに使われていました。

この トロフィホスの「小屋」は、40年間使用されていませんでしたが、今ではここで夜を過ごすことができます。内部では、巨大な石の厚板で区切られた牛の小部屋が残されているのをまだ見ることができます。南側の端には、大人2~3人、または大人2人と子供2人に最適な寝室があります。部屋の外に広がる窓からは、ミュルダレンの素晴らしい景色を一望できます。

あなたは美しい自然に囲まれて、ここで完全に1人になることができます。

フレットハイムホテルのタワースイートの上階。シャンパンとイチゴがのったテーブルと、後ろにメイキングされたベッド

2.フレトハイムホテルの歴史のあるタワースイート

ロマンチックな雰囲気で休暇を過ごしたい方は、フレットハイムホテルの由緒のあるタワースイートをチェックしてみてはいかがでしょうか。このホテルの歴史は19世紀半ばまでさかのぼり、当時はまだ農家のクリステン・フレットハイムが農場を経営していました。その頃から最初の観光客がここに来るようになり、主にイギリスの領主がサーモンを釣りたいと思っていました。クリステンは小遣い稼ぎのチャンスを見付け、家の中の部屋を貸し出すようになりました。

「英国式別荘」は、1879年に建てられました。そして、このスイス式別荘は現在残る歴史的な部分がベースになっています。タワースイートでは、歴史的なウィングの最上階に滞在し、19世紀後半の貴族の生活を体験できます。2階建てのスイートは、ヴィンテージスタイルの家具とジャグジーなどのモダンな設備が混在しています。そして、フロムからアウルランフィヨルドに向かう美しい景色も忘れてはいけません!

ヒント:ロマンティックパッケージを予約。チェックイン時によく冷えたシャンパンを差し上げます。 

フィヨルドから見たウントレダール、背後には険しい山々がそびえています

3.オルナレイレット(Ørnareiret)

アウランフィヨルドの真上1050メートルで目を覚ますとどうなるか想像してみてください!それは実現可能ですが、そこまで自分で歩いて登らなければなりません。
オルナレイット(Ornareiret)はウンドレダール上方の山の中にある6人就寝可能なシェルターです。まるで天空の下で寝ているような気分にさせてくれるでしょう。旅はウンドレダールから始まります。最初はStigenの標識があり、それからHovdungo農場のすぐ上にあるオルナレイットへ向かう道に進みます。急で厳しいハイキングなので、少し山やハイキングの経験を積んでから出発しましょう。

シェルターには調理設備とマットレスがあり、横になることができます。寝袋や食べ物を持参しなければなりません。事前にスペースを予約しておきましょう。

また、フィヨルドを一望したいという日頃から健康的なご家族にもお勧めの日帰り旅行です。

ヴァトナハルセンホテルの外で休憩をする自転車やサイクリスト

4.ヴァトナハルセン ホテル

ヴァトナハルセンはもともと1896年に療養所として建設されたもので、ノルウェーの山の新鮮な空気の中で人々が休息することができる場所でした。しかし、決してその目的のために使用されたことはありません。かわりに、1909年にオープンしたベルゲン鉄道に近いため、人気のあるホテルになりました。ここでは、ヨーロッパ各地からのゲストが、夏も冬も、本物のノルウェーの山の家を体験することができます。特に1940年にフロム鉄道が開通してからは、冬に人気の旅行先となりました。

列車でしか行くことができない本物の山のホテルです。ヴァトナハルセンでは、一歩客室から出ると、ラーラルヴァエンと家庭的な雰囲気とおいしい料理といったほぼ無限の旅行の選択肢が待っています。ベルゲン鉄道でミュルダールまで行き、ホテルまで1.5km下るか、フロム鉄道で1駅です。フロムから来る場合は、 フロム鉄道にまっすぐに乗ってください。

中二階から見たミュルダレンホテルのグランドスイート

5.ミュルダレンホテルのグランドスイート

ミュルダレンホテルの最大のスイートルームは、「スイート」と聞いて想像しうるすべてのものです。エレガントなバスルーム2室、広々としたベッドルーム2室、ソファグループとダイニングテーブルのあるリビングルーム、ベッド数を増やすことができる中2階、スキー場と村に面した西向きのバルコニーがあります。幻想的な天井の高さと美しいランプは、ケーキの上のアイシングです。

ミュルダーレンには、誰もが楽しめるような様々なアクティビティがたくさんあります。フライフィッシングコース や、ボートトリップ、電動自転車、フィヨルドの景色を見ながらの ガイド付きピークトリップtitleはいかがですか?

ロマンチックな休日にちょっと特別なものが欲しい場合や、ホテル施設を利用できる状態で家族や友人とアパートに住む感覚を再現したい場合は、完璧な選択です。

ホテル アウルランフィヨルドの冬の庭にあるレストランにて。正面にはモダンなシャンデリアが飾られています

6.新しく改装されたホテル アウルランフィヨルド

は、冬の間に全面的に改装された後、6月19日にオープンします。このホテルは、Aurland中心部にある全30室のブティックスタイルのホテルで、そのうち13室は2020年にフルリノベーションを行い、残りの13室は2021年夏までに完成する予定です。部屋からはアウルランフィヨルドや村の周りの山々を見渡すことができます。

冬の庭園とテラスのある新しいレストランでは、地元の歴史を知ることができ、地元や地域の旬の食材を使った新鮮な風味を楽しむことができます。

ホテル アウルランフィヨルドは、正に真のフィヨルドの宝石そのものです。珠玉のアウルランフィヨルドのパッケージを購入すると、この村の最高のおもてなしを体験することができます。 

深い森と2つの滝が近くにあるアウルランフィヨルドの上のスティゲン農場

7.スティゲン農場

スティゲンは、オーランズフィヨルドの真上にある海抜360メートルの小さな農場です。フィヨルドから農場を見上げると、人が住めないように見えますが、ここは農業に適した条件が揃っていました。黒死病が起こるかなり前からここで農作業が行われていて、私たちの知る限りでは最大20人がここに住んでいたと言われています。昔は、動物も人も、はしごを使ってその山の岩棚に上がらなければならなかったので、農場の名前は「はしご」を意味します。それは少し急ですが、今は素敵な道があります。

1960年代にここでの農業は終了し、今では建物の一部は14軒ほどの夜の宿泊施設に変わりました。ここは、ボートに乗って、たどり着くまでにかなり道を歩かなければならないにもかかわらず、かなり人気の宿泊場所です - 自分のベッドリネンやタオルを持ってくださいね。便利なヒント - 早めにご予約を!

あなたがカヤックを持っている場合のヒント:ウンドレダールからパドルし、スティゲンまで歩き、その後ろのベイトラニパへ向かいます。 

フロムの古いストアハウスの外に駐車したヴィンテージカー

8.1928年からの歴史を持つザ ストアハウス

フロムでは、1928年に建てられた復元されたストアハウスに宿泊することができます。フレットハイム ホテルの真横に位置しており、希望者はホテルで朝食を楽しむことができます。素朴な雰囲気のこの場所には、開放的なリビングルームと現代的な設備とオリジナルの木材の壁のキッチンがあります。ダブルルーム1室とシングルルーム5室で6名様までご宿泊いただけます。バスルームは共用ですが、全室にハンドバスが付いています。

ザ ストアハウスは、自分たちで食べ物を作ったり、夜には皆で集まれる素敵な場所が欲しい家族連れや友達同士のグループに最適です。ご予約はフレットハイム ホテルにお問い合わせください。