Go to content
A boat sailing towards the Sunnmørsalpene range in fine weather
A man swinging over the Hjørundfjord at Trandal
The Hjørundfjord and the Sunnmørsalpene range, viewed from a flowery meadow
A man and a woman running on a trail above the Hjørundfjord
Photo: Mattias Fredriksson
Two people in the tandem kayak paddling at the Norangfjord
A woman and a man standing next to the ruins of the farm under the water in Norangdalen
A man and a woman standing on the boat on the Hjørundfjord
The Sunnmørsalpene range with Slogen in the middle from the Hjørundfjord

オーレスンからスンモーレアルプス山脈を体験してみましょう

スンモーレのヨーレンフィヨルドは、フィヨルド上、1700メートルまで広がる雄大なスンモーレアルプスの連峰で世界的に有名です。ドラマチックで手つかずのフィヨルドの風景は、アクティブな人々の大きな遊び場であり、フィヨルド沿いの魅力的な小さな村々は、地元の文化や歴史に触れたい人には必見の場所です。ここまで来るには、オーレスンからフィヨルドクルーズに乗るしかありません。

ヨーレンフィヨルドにさっそうと入ってくる船

オーレスンから直接スンモーレアルプス山脈へ

美しいオーレスンでの数日間の村の休日と、スンモーレアルプスのアクティビティや体験、ヨーレンフィヨルドのアクティビティを組み合わせるとまさに完璧です。スンモーレの首都であり、またアールヌーボーの町としても有名です。1904年の大火災の後、町の中心部のほぼ全体が、刺激的なアールヌーボー様式で再び建設されました。

オーレスンでやるべきことのリストアイテム1は、細かく施工されたファサードをすべて見学できる街を散策するツアーです。アイテム2は、アクスラ山の展望台への階段を上る旅です。アイテム3は、街を抜け出してヨーレンフィヨルド周辺の幻想的なフィヨルドの風景を体験することを含みます。

フィヨルドクルーズ ヨーレンフィヨルドは、オーレスンとオイエ間を日に3回、どちらかの方向に出発し、途中でトランダル、サエボ、ウルケに寄港します。船を乗り降りしたりして、素敵な村々を散策したり、素敵なレストランでおいしい食事や飲み物を楽しんだり、山歩きをしたり、カヤックや電動自転車などの他のアクティビティに参加したりと、好きなように楽しむことができます。

山の中では非常に素晴らしい景色を楽しむことができます。壮大な山の頂を楽しむなら、オーレスンからのフィヨルドクルーズから始めて、スローゲン、サクサ、スコーラサレン(Skårasalen)はすべて範囲内となっています。ただ、これらは厳しい道のりでることを覚えておいてください。ですから、ここに来る前に少し山歩きをしておくべきでしたね。 

サエボやオイエから旅を始めることもできますし、数日かけてフィヨルド沿いの素敵な宿泊施設に泊まることもできます。

スンモーレアルプス山脈とトランダルでブランコをする女性

魅力的な トランダル

定住者が10人未満のこの村には、国で最も人気を誇るインスタグラム・ビューがあることをご存知でしたか?トランダル・スイングを試してみたい方は、船に乗るしかありません。道がないから仕方ないですね。

スイングだけでなく、クリスチャン・ガード・ビュグデトゥン(Christian Gaard Bygdetun)にも食事に立ち寄ってみましょう。ここは、実は村の人口の25倍のキャパシティを持っています。古い農場を改装し、住民10人の小さな道なき村で観光に力を入れることはかなり大胆なことでしたが、1990年代後半からクリスチャン・ガードは非常に人気のある観光地になりました。ここのレストランでは素晴らしい食事を楽しむことができますし、テラスで素敵なグラスとおつまみを飲みながらリラックスすることもできます。ショーもフェスも通常はここで行われていて、TrandalbluesやCountryfestivalなどの国内外のアーティストが出演しています。

サエボの花の咲く草原から見たスンモーレアルプス山脈とヨーレンフィヨルド

サエボのフィヨルドの牧歌的な風景

サエボでは200年代から農業が行われており、この小さな村にはバイキングやオオカミ、クマなどが住んでいました。これらはすべて今はなくなりましたが、美しい文化的景観は残っています。サエボからは、スローゲンとサクサの荘厳な峰々を見渡すことができます。

スンモーレアルプス山脈を探索するのに数日の余裕があれば、セーボは拠点を持つには良い場所です。サエボには多くの宿泊施設があり、ヴォルダやオルスタと道路で結ばれています。スコーラサレン(Skårasalen)へのピークトリップ、カヤックのレンタル、ボンダレン(Bondalen)の側の谷でのハイキングをお楽しみください。フィヨルドクルーズを利用して、ヨーレンフィヨルドから他の目的地に行くこともできます。

ヨーレンフィヨルドの上の山を走る2人
写真:マティアス・フレドリクソン

ウルケからそう遠くないフィヨルドと山

ウルケは、ヨーレンフィヨルドがノーランスフィヨルド(Norangsfjord)の支流として移行する地点に位置しています。ここに来たら、アクティブな一日のための服装をしておきましょう。ここで最も人気のある旅行の一つは、海抜1073メートルのサクサへ行くことです。この地域の中では最も低い山の一つかもしれませんが、そこから楽しむことができる絶景もあります。

もちろん一人で山歩きをすることもできますが、より良い体験をするためにはガイドさんを連れて行くことをお勧めします。そうすれば、地元の情報や歴史が入ってきて、どの道を行けばいいのか迷うことはないでしょう。フィヨルドを間近で探検したい方には、ウルケからのカヤックがお勧めです。ノルウェー・アドベンチャーズでは、夏の間は毎日ウルケからガイド付きの山旅やカヤックツアーを提供しています - その日の活動がハイキングなのかカヤックなのかはご要望次第となります。

たとえ活発なタイプでなくても、やはりここに立ち寄るべきです。ウルケには、スンモーレの中でも最高のレストランがあります。ウルケ カイフス(Urke Kaihus )はフィヨルドの端にある完全にユニークな屋外サービングエリアがあり、夏場は毎日営業しています。ここからの素晴らしい景色を楽しめるだけでなく、カイフスは、この地方の古い農場で使っていたインテリアで魅力的であり続けています。

風に髪をなびかせて、ヨールンフィヨルドのデッキに立っている女の子
オイエとスロゲンへカヤックで向かう人々のグループ
ノランダレンの山を見て指差す男性と女性

オイエでの歴史のささやき

フィヨルド沿いでオイエ(Øye)のように多くの優雅な観光地を誇ることができるのは、ほんの数か所だけです。歴史あるホテル・ユニオン・オイエは、1891年にオープンして以来、ヨーロッパ中の王族や貴族に愛されてきました。私たちと同じように、彼らは手つかずで開発されていない美しいスンモーレアルプス山脈によって魅了されました。

この象徴的なホテルに一泊して、自然に親しむ日々を過ごしてみてはいかがでしょうか。オイエからは、フィヨルドネイチャーに参加してノランスフィヨルド(Norangsfjord )をカヤックで散策したり、海抜1564メートルの感動的なスローゲン山頂まで歩いたりすることができます。スローゲンに行く方法はさまざまで、オイエからの道は最も短いですが最も急な道です。Uteguidenは7月から9月まで毎週水曜日と土曜日にガイド付きツアーを提供しています。

到着したら、オイエとヘレシルトの間にあるノランスフィヨルドへの小旅行をお勧めします。谷間の古い農場は、人々がいかに時代を超えて自然の力と戦ってきたかを示しています。1908年には土砂崩れが起きて農場が浸水し、リングストィルヴァネット湖(Lyngstølsvatnet)の水面の下に今でも壁の遺跡、道路、門を見ることができます。昔は貴族の客が馬や馬車で谷に入っていったものですが、今ではフィヨルドネイチャー所有の電動自転車に乗って谷を探検するのが一番簡単な方法です。

ノランダレン(Norangdalen )の反対側にはヘレシルトがあります。そこからガイランゲルフィヨルドへのフィヨルドクルーズでガイランゲルへ行き、より壮大なフィヨルド体験をすることができます。

最も美しいスンモーレ・ハイキングエリアを訪れる