Go to content
Hjorundfjord
Hjorundfjord
Aurlandfjord
Aurlandfjord
Naeroyfjord
Naeroyfjord
Geirnagerfjord
Geirnagerfjord
Naeroyfjord Winter
Naeroyfjord Winter
Puplpit Rock Lysefjord
Puplpit Rock Lysefjord
Fjaerlandfjord
Fjaerlandfjord
Geirangerfjord
Geirangerfjord

ノルウェーのフィヨルドについて知っておくべきすべて

「美しいフィヨルド」をグーグル検索すると、おそらく、ノルウェーと西部ノルウェーが検索結果の上位に表示されることでしょう。フィヨルドの物語をここにご紹介します。

ノルウェーの深い青いフィヨルドは、野生の山々と驚くほど美しい風景の中を走って流れており、世界の他の風景とはまったく異なる印象を与えます。もちろん、フィヨルドはノルウェーだけの現象ではありません。氷河期を経験した世界中の他の山岳地域には、通常、フィヨルドが形成された所があります。しかし、氷のない、最も壮観な眺めが楽しめるフィヨルドの多くは、ノルウェーに集まっています。これらの最も有名なものは、ノルウェー西部にもあります。

フィヨルドとは何ですか?

フィヨルドとは何ですか?

フィヨルドは、水、氷、山が織りなす物語です。フィヨルドは、急な側面または崖のある長く狭い入り江です。フィヨルドは、前からあった谷に氷河が入り込み、水と氷によって徐々に山塊をすり減らして形成されたものです。 

流れる水とは異なり、氷河は海面下を浸食します。氷河の下と内部を石と砂利が引きずられます。このように、氷河は巨大な紙やすりのように浸食します。

ノルウェーでは、合計40の氷河期がありました。それぞれの氷河期に、氷、融水、砂利が岩をすり減らしてきました。各氷河期の後には、さらに深い谷が形成されました。氷河、水、砂利は、最終的に海が浸水し始めるほど深い谷を切り開きます。こうして、ノルウェーのフィヨルドが作られたのです。

およそ12,000年前、ノルウェー最大のフィヨルドであるソグネフィヨルドから氷が後退しました。その結果、今日私たちに畏敬の念を沸かせるせるフィヨルドの風景が出来上がりました。

フィヨルドと氷河

フィヨルドと氷河

フィヨルドには非常に深いものがあります。たとえば、ソグネフィヨルドは、最深部で1308メートルの深さがあります。周囲の山々の高さに目をやると、今見られるフィヨルド作り、その形状を生み出した、荘厳な力に納得できます。

最後の氷河期の後も氷河が陸地に残っている地域もあります。これらの氷河には今なお成長しているものも、後退しているものもあります。これらの氷河の一部は1980年代まで成長していましたが、現在ではその厚さと広がりにおいて縮小しています。 

アイスグリーンのフィヨルドが見られる場合は、近くに氷河があることを意味します。ここでは、海水には氷河からの多くの融解水が含まれています。融解水に含まれる粒子によって、フィヨルドが美しいエメラルド色になります。

ソグネフィヨルドから突き出ているフィヨルドの支流フィエランズフィヨルドの最上部に行くと、ノルウェー最大の氷河であるヨステダールスブリーンに接近できます。そこでは、ノルウェーの氷河博物館があります。

フィエランズフィヨルドの半日と1日旅行と氷河についての情報が見つかります。

フィヨルド・ノルウェー

フィヨルド・ノルウェー

ノルウェー西部は「フィヨルドランド」として最もよく知られています。この地域は、フィヨルドが周囲の山々に刻まれているドラマチックな風景で有名です。数百万年以上にわたり、氷と水が陸地の奥深くまで彫り込まれ、水上、水面下に谷の迷路ができました。今では、その手付かずの自然の風景を見ようと、世界中から観光客を引き寄せています。

ノルウェーには、長さ57,000kmの海岸に沿ってフィヨルドが1,700以上があります。これらのフィヨルドの多くは、ノルウェーの西海岸から伸びています。この地域には、ユネスコの世界遺産に登録されている2つのフィヨルドがあります。それはネーロイフィヨルドおよびガイランゲルフィヨルドです。

この2つフィヨルドはノルウェーで最も人気のある観光地として人気があります。険しい山腹がきらめくフィヨルド、雄大な自然、絵のように美しい小さな村や農場、山腹の間を、荘厳な滝の水が真っ直ぐ落下しています。おとぎ話のページからそのまま抜け出したような光景です!

ネーロイフィヨルドは幅が狭く、海抜1,000メートル以上にそびえる山々に囲まれています。ガイランゲルフィヨルドには、高い場所に素晴らしい眺めが一望できる展望台があります。フィヨルドからは、美しい滝や小さな農場の近くまで行くことができます。農場は今日でも人が住んでいます。

ノルウェーの最も美しいフィヨルドについてもっと知りたいですか?ノルウェー最高のフィヨルドのうちの6つに関する情報をここにご紹介します。

1.ネーロイフィヨルド — 長くて美しいユネスコの世界遺産に登録されたフィヨルド

1.ネーロイフィヨルド — 長くて美しいユネスコの世界遺産に登録されたフィヨルド

ネーロイフィヨルドの美しさは一年中楽しめます。フィヨルドは、世界で最も美しい場所の1つに何度も選ばれています。米国のテレビチャンネルCNNでは、世界の自然の驚異のトップ10のリストに、ガイランゲルフィヨルドとともにネーロイフィヨルドを選んでいます。

ナショナルジオグラフィック誌は以前、フィヨルドを「世界で最も手付かずの旅行先」に挙げています。このことから、フィヨルドがユネスコの世界遺産に登録されたことは驚くことではありません。

ネーロイフィヨルドとその周囲の山々は、誰もが息をのむような景色が楽しめます。

ネーロイフィヨルドの頭部にはグドヴァンゲン村があり、ここからニャールダルハイメルのバイキング村にも行くことができます。フィヨルドクルーズは、アウルランフィヨルドを経由してソグネフィヨルデンとフロムの両方へと出発します。クルーズでは、崖の上を落下していく滝や、実際に住めるとは信じがたい牧歌的な小さな村など、多くの息を呑むような景色を楽しめます。

2.壮大なリーセフィヨルド

2.壮大なリーセフィヨルド

リーセフィヨルドは長さ40kmを超え、壮大な山塊への道を切り開いています。フィヨルドは水上から見あげると迫力がありますが、上から見おろすと、もっと圧倒されます。フィヨルドに沿った2つの最も有名な観光名所は、プレーケストーレンとシェラーグの山岳高原です。

毎年、3万人以上の訪問者がプレーケストーレンを訪れます。山の高原からは、崖が海へと垂直に迫り、その劇的な光景に圧倒されます。プレーケストーレンは、ロンリープラネットの世界の「最も息をのむような展望プラットフォーム」のリストで一位にランクされました。2017年、この山岳高原はCNNの自然の驚異のリストで1位になりました。

プレーケストーレンは、『ミッション:インポッシブル』シリーズの2018年最新映画(フォールアウト)でトム・クルーズの危険なシーンの舞台にもなりました。

リーセフィヨルドの他の有名な岩層であるケラグは、プレーケストーレンよりも徒歩での到達が困難です。山腹は山岳高原から、1084メートルをほぼ垂直にリーセフィヨルドまで急降下します。シェラーグは、世界中のベースジャンパーの人気の目的地です。

ノルウェーで最も写真が撮られている観光名所の1つであるシェラーグボルテンもここにあります。シェラーグボルテンは、2つの岩の間に挟まれた巨大な岩です。怖いもの知らずの観光客は、シェラーグボルテンの岩の上を歩きます。シェラーグボルテンは、絶好の写真撮影の場所として人気を集めています。

リーセフィヨルドはスタヴァンゲルから簡単にアクセスできます。1日または2日間の余裕がある場合は、リーセフィヨルドの日帰りクルーズが楽しめます。さらに時間があれば、プレーケストーレンまたはシェラーグまで歩いて行くことができます。

リーセフィヨルドとフィヨルドクルーズについての詳細は、こちらをご覧ください。

3.フィエランズフィヨルド — 氷河への水路

3.フィエランズフィヨルド — 氷河への水路

リトル・フィエランズフィヨルドは、周囲の氷河からフィヨルドに流れ込む溶解水によってエメラルドグリーンの色合いを持つ場所が多くあります。長さ25kmのフィヨルドの支流まで進むデイクルーズでは、険しい山に囲まれた景色を眺めるだけでなく、壮大な氷河が美しいフィヨルドを体験することができます。フェリーがフィエランズフィヨルドの頭部に着いたら、シャトルバスで旅を続けます。

ツアーでは、フィアランドのノルウェー氷河博物館に立ち寄り、氷河について詳しく知ることができます。そこから、フィヨルドを形成する最初の要因ともなった氷河まで足を運びます。少し内陸に進むと、ノルウェー最大の氷河に遭遇するでしょう。ヨステダール氷河。この氷河は長さが100キロメートル、幅が15キロメートルあり、ヨーロッパ本土で最大の氷河です。

氷河は、実際には、ボイヤ氷河を含むたくさんの小さな氷河と枝分かれした氷河で構成されています。

4.ガイランゲルフィヨルド — ノルウェーの絵はがき

4.ガイランゲルフィヨルド — ノルウェーの絵はがき

ノルウェーの絵はがきが美しく、滝が水に落ちる急な山々に囲まれた美しい青緑色のフ険しい山々に挟まれれ、ほとばしる滝が流れ落ちる美しい青緑のフィヨルド、そんなノルウェーの絵はがきを手にしたら、それは、おそらくガイランゲルフィヨルドの風景に違いありません。これは、「フィヨルドの宝石」と呼ばれ、ノルウェー内外からの観光客に人気の高い名所です。フィヨルドの絶景は、ネーロイフィヨルド、ベルゲンのブリッゲン、ソグネフィヨルドの支流ルストラフィヨルドの海岸近くに位置するウルネスのスターヴ教会などとともにユネスコの世界遺産に登録されています。

ガイランゲルフィヨルドのクルーズでは、フィヨルドをユネスコの世界遺産に登録させた、自然と文化に触れることができます。険しい高くそびえる山々から野生の滝が流れ落ち、山腹に下りると、小さな農場や家々が点在しています。

ガイランゲルから徒歩で行くか、船に乗ってフィヨルドから急な道をほどなく歩いたところにあるスカゲフロ農場を訪れると、これらがすべて間近に見えます。

スカゲフロや他の展望台の1つに上がると、畏敬の念を起こさせるユネスコに登録されたフィヨルドを最も壮観な側面から見ることができます。上からもう一つの素晴らしい展望台は、ダルスニッバのガイランゲルスカイウォークです。

ガイランゲルで少し滞在できる時間あれば、ノルウェー最高の山々の中へと出かけることができます。ここには一年中雪があり、暑い夏の日にも雪合戦をすることもできます!

ノルウェーで最も壮大な道路、トロルスティーゲンはガイランゲルのすぐ隣を走っています。この道路をウォーキング、サイクリング、または車でドライブすると、心臓がドキドキするほどのスリル感を味わえます。

ガイランゲルフィヨルドについてやフィヨルドクルーズのお申込みなど、必要なすべての情報がこちらにあります。

5.ヨルンフィヨルド – サンモアアルプスの隠れた宝石

5.ヨルンフィヨルド – サンモアアルプスの隠れた宝石

ヨルンフィヨルドは、美しい手つかずの自然が残るサンモアアルプスの下で静かに輝いています。フィヨルドは、山塊を33キロメートルにわたって切り込み、先の尖った山を残しています。

ヨルンフィヨルドンは、手付かずの自然と楽しい小さな村に囲まれています。このフィヨルドの一部は、船以外で外の世界とつながっていません。船は、海の入り江にあるオーレスンの牧歌的なアールヌーボーの町とヨルンフィヨルドの先端にあるオイエの村の間を航行します。

ヨルンフィヨルドとその周辺を囲む手つかずの自然は、まさにアクティビティや冒険のために作られたといってもいいほどです。ここはハイカー、カヤッカー、スキーヤーにとって最高の楽園です。これを体験するために必要なことは、トランダル、ウルケ、またはオイエのフィヨルドクルーズから飛び降りるだけです。

リラックスして雰囲気を満喫したい方は、1891年の設立以来、王族、作家、作曲家をゲストに迎えてきた歴史あるホテルユニオンオイエを訪れてください。多くの人々が静けさを求め、フィヨルドと山々の景色を楽しみながらここで素晴らしい生活を楽しんでいます。

6.ソグネフィヨルド — ノルウェー最長のフィヨルド

6.ソグネフィヨルド — ノルウェー最長のフィヨルド

壮大なソグネフィヨルドは、ノルウェー西部の大部分に広がっています。ノルウェーで最も長いこのフィヨルドは全長204キロメートルを誇り、豊かな文化と息を呑むような絶景の両方が楽しめます。

ソグネフィヨルドの風景は、静かなフィヨルドクルーズ、思い出に残るハイキング、スキー、釣り、氷河ツアーに最適です。ここでは最高のマインドフルネスに救われます。

ソグネフィヨルドは、世界最長の無氷フィヨルドとしても有名です。ノルウェー本土にまで延びており、ノルウェーの最高峰のほとんどが集まる山岳地帯のヨートンハイメンからわずか数キロのところにあります。氷河がノルウェー西部の山々に向かって進むにつれて、30以上のフィヨルドが支流となって分岐します。

氷河がノルウェー西部の山々に向かって進むにつれて、30以上のフィヨルドが支流となって分岐します。アウルランフィヨルド、ネーロイフィヨルド(ユネスコ世界遺産に登録)、フィエランズフィヨルド、ルストラフィヨルド、ソグンダルフィヨルド、ガウネフィヨルドはそのほんの一部です。 

ノルウェー最大の氷河

フィヨルドの終端に続く谷の一部には、氷河があります。氷河からの溶解水が流れ込むフィヨルドは、独特のエメラルドグリーンの色をしています。氷河からの溶解水がフィヨルドを緑色に染めるところは、はっきりとわかります。

ヨーロッパ本土で最大の氷河はヨステダール氷河です。この氷河は、小氷河期に形成されたものであり、おそらく2000年以上前のものです。

ヨステダール氷河には支流がたくさんあり、そのうち3本はソグネフィヨルドの多数のフィヨルドに向かって伸びています。ボヤブリーン氷河はフィエランズフィヨルドまで広がっていますが、Nigaardsbreen、Tunsbergdalsbreen、Austerdalsbreenなどの有名な氷河もソグネフィヨルドの近くに位置しています。

バイキングの地で

バイキングの地で

「フィヨルド」という言葉は、元々は北欧語で、「通過と航路に使用される場所」を意味します。これは論理的です。なぜなら、人間が最初の氷河期の後にノルウェーに最初に定住したとき、移動に水上を利用することが唯一の方法だったからです。フィヨルドの多くは青銅器時代とバイキング時代の両方の遺物です。

ノルウェーの西海岸に沿ったフィヨルドは、湾流によって運ばれた暖水のために、ほとんど氷がありませんでした。そのため一年中、船で航行することができました。温暖な気候も農業を促進し、海岸沿いでは豊富な魚が獲れ、フィヨルドとノルウェーの海岸沿いの集落との間で商品を輸送するのに船は絶好の手段でした。森にはヘラジカや鹿がいて、山にはトナカイがいて、狩りもさかんでした。

このような理由から、バイキングが西部フィヨルドを非常に気に入っていたといっても驚くことはないでしょう。また、別のバイキングの発見の旅に出発することになっても、それほど遠くまで旅する必要はありませんでした。

バイキングの遺物

バイキングの時代は800年から1066年まで続きました。この比較的短い期間で、バイキングはノルウェーの文化だけでなくヨーロッパでもその名を残しました。「バイキング」テレビシリーズで描かれているように、彼らはおそらく戦いと略奪で最もよく知られていますが、バイキングは商取引に専念していました。

冒険心は言うまでもなく、非常に効率的な船とその偉大な勇気に後押しされ、バイキングは事実、ビザンチウム(現代のトルコのイスタンブール)にまで達し、バグダッドのカリフと取引していました。

彼らの多くはフランス、スコットランド、アイルランドにも定住しました。他のバイキングはアイスランドに移住し、レイヴ・エイリクソンは1000年ごろにアメリカを発見したときに以前は知られていないこの大陸に開拓地を設立しました。

バイキングは、富と奴隷をノルウェーに持ち帰っただけでなく、キリスト教も持ち帰りました。1000年ごろに起源を発するノルウェーからキリスト教への改宗の後、多くの美しく複雑に設計されたスターヴ教会の建物が木材を使って建てられました。これらのいくつかはまだ残っており、ソグネフィヨルド沿いに3つのスターヴ教会が存在しています。ウルネス、カウパンガー、ホッパースタッド。

これらの中で最も有名なのは、ルストラフィヨルドの海岸にあるオルネス農場にあるウルネススターヴ教会です。

バイキング時代にさかのぼる

フィヨルドに沿っていくと、貿易や開拓の名残に遭遇します。カウパンガー、ソルヴォーン、グドヴァンゲンなど、古古ノルド語に由来する地名は、バイキングのルーツがここにあることを示しています。

数時間、1日、またはさらに長い時間をかけてバイキングとしての生活を知るのに、絶好の機会を与えてくれます。バイキングフェスティバル、バイキングデー、バイキングマーケットは、ノルウェーの多くの町や村で開催されます。

ネーロイフィヨルドの奥にあるグドヴァンゲンのニャールダルハイメルでは、バイキングの生活を体験できるバイキング村があります。

グドヴァンゲンのバイキング村とそこへの行き方の詳細はここをご覧ください。

バイキング船とオスロフィヨルド

バイキング船とオスロフィヨルド

バイキングは、ノルウェーの東海岸と南海岸に沿ってコミュニティを形成しました。

ノルウェーの東にはフィヨルドがありますが、西海岸のフィヨルドとは異なり、フィヨルドの周囲にそびえ立つ山はありません。ここでは、フィヨルドの周囲の「山」がすり減って、起伏のある断崖が形成されています。そのため、比較的穏やかでゆるやかな岩の多い風景が見られます。

また、この地域は冬になっても港が凍らず、比較的温暖なため、農業が可能になりました。このエリアには、古墳やバイキング船など、バイキングの痕跡がたくさんあります。

裕福で威厳に満ちたバイキングの族長の埋葬塚で発見された3つのバイキング船は、オスロのビグドイ半島にあるバイキング船博物館に展示されています。

オスロで時間がとれるなら、夏のシーズンに地元の人々に人気の高い緑豊かな島々、入り江、ビーチ、岩だらけの海岸の間を航行するフィヨルドクルーズをお勧めします。

フィヨルドを南下すると、小さな牧歌的な島々、狭いドローバックスンナサウンド、歴史的なオスカースボルグ、ドローバックの魅力的な小さな町があります。

さて、本当のサンタクロースに会いたのなら、ドローバックに来るとよいでしょう。ここでは一年中、クリスマスにちなんだ装飾や商品であふれています。

ハリウッドのフィヨルド

ハリウッドのフィヨルド

ノルウェーのフィヨルドを実際にまだ見たことがないという人は、知らないうちに映画ですでに見ているかもしれません。ノルウェーのフィヨルドは、いくつかの主要な映画製作の背景として使用されています。

2013年、ネーロイフィヨルドはウォルトディズニーの「フロスト」のインスピレーションとして使用されました。どこを見ればよいか知っていれば、民族衣装、建物、迷信、トロル、山、フィヨルドはすべてすぐに認識できます。

フィヨルドはアクションのために作られたかと思うほどです。『ミッション:インポッシブル - フォールアウト』は、2018年にリーセフィヨルドおよびプレーケストーレンで撮影されました。ここで、トムクルーズはこの絶景の中で命のために戦います。

米国の映画会社は、『アベンジャーズ』や『スターウォーズ』などのプロダクションにおける一連の撮影のためにノルウェーのフィヨルドを訪れています。