Go to content

青々としたフロム渓谷を探索する方法

フロムとミュルダルの間に位置するフロム渓谷の風景は、色彩、みずみずしい自然、流れ落ちる滝、澄んだ川、文化史の壮大な混成になっています。以下は、渓谷を探索して冒険を自分のものにする方法のヒントです。

最も美しい鉄道の旅による

フロム鉄道で電車に乗り、世界で最も険しく、最も美しい鉄道の旅で、目を見張るフロム渓谷を通り、海抜0メートルから867メートルまで1時間以内に移動します。フロムから出発し、ミュルダルで終わる旅により、壮大な山々、みずみずしい自然、流れ落ちる力強い滝を通り過ぎます。Kjosfossen、Kårdalsfossen、Rjoandefossen、およびBrekkefossenなどの滝はすべてフロム線で発見できます。電車はKjosfossenで短い間止まり、そこで外に出て、轟く滝を間近で見ることができます。

春と秋の間は、山岳地帯を上る途中で、さまざまな季節を移動するチャンスさえもあります。春には、フロムの咲き乱れる花からミュルダルの雪で覆われた季節へと移動します。秋には、移動するに連れて、さまざまな黄金色に変化する明るい色のミックスを楽しむことができます。山々への最初の降雪を目撃するほど幸運かもしれません。 

自転車に乗って

自転車をレンタルして、自転車に乗って渓谷を体験することは、フロムと渓谷の自然に近づくための楽しい方法です。ほとんどの人にとっての最高の方法は、ミュルダルまでフロム鉄道を使い、フロムに自転車で戻ることです。フロムからミュルダルまでのサイクリングは、険しく、困難な距離があるためです。しかしながら、フロムからフロムの古い中心地までの自転車に乗り、フロム教会を過ぎ、川の隣の道路を使い、好きなだけ遠くへ行くのは、実に素晴らしいです。フロムからミュルダルの中間点であるBerekvamまで、タールマックの道路を自転車で走行します。そこから先は未舗装です。 

フロムとミュルダルの両方で自転車をレンタルすることができます。注意:ミュルダルからのサイクリングシーズンは、だいたい6月から10月まで続きます。サイクリングの多少の経験が必要なコースになります。 

渓谷を歩く

徒歩で渓谷を歩くことは、もう1つの素晴らしい方法です。渓谷の究極の体験のために、まずはフロム鉄道でVatnahalsenまたはミュルダルまで行き、徒歩で戻ります。

必ず道中の素晴らしい眺め、たくさんの滝、澄み切った川を楽しむために立ち止まってください。真水を味わったり、その中で足を冷やしたりすることもできます!KårdalにあるRallarrosa酪農場で、長い休憩を取り、農場で作られたゴートチーズを楽しんだり、かわいらしいヤギとセルフィーを撮ったりすることができます。 

文化遺産と壮大な自然

フロム渓谷の下の道には、さまざまな文化史があります。フロム渓谷を経由するミュルダルからフロムへの道には、ノルウェーの最も壮観なサイクリングコースであるRallar Roadが含まれます。Rallar Roadは、ベルゲン鉄道が1800年代後半に建設されたときに作業員が使用した道路を起源としています。

旅のハイライトは、Myrdalsbergetで、この区間には21か所のヘアピンカーブがあります。この区間の後、すぐにKårdalでRallarrosa酪農場が見つかるでしょう。これは、手作りのゴートチーズを販売している伝統的な山岳農場で、休憩を取り、地域の特産品を味わうのに最適な場所です。

フロム渓谷のほとんどの農場は、鉄道や道路ができるずっと前からありましたが、現在でも1年中使用されています。渓谷を半分下ったところにあるのが、Berekvam山峡です。それから、フロム川に沿って旅を続けると、フロムの中心街および1667年に遡るフロム教会に着きます。

地形と時間の使用

ミュルダルからフロムへの旅は20キロの距離です。あなたが経験の浅いサイクリストか未舗装の道をサイクリングすることに慣れていない場合は、たぶん徒歩が最高の方法でしょう。

時間をかけて、適切な衣服と靴を着用し、フードとドリンクを携帯して、素晴らしい渓谷を楽しんでください!サイクリストは、経験により1~4時間を見積もる必要があります。徒歩の場合、1日の5時間近くを確保する必要があります。