Go to content

西ノルウェーの季節

ノルウェーの4つの季節のそれぞれは、ユニークな形で景色を魅力的にしています。終わりのない夏の夜、黄金色の秋、冬にはきらめく白い雪が舞い、春には花が咲き乱れます。

景観が天候と気候に影響しています

ノルウェーの地理的な条件のために、天候と気候は国土のさまざまな地域、および異なる季節で大きく変化します。ノルウェーは長い海岸線が北から南へ延びる長く細い国です。西部ノルウェーには多くのフィヨルドと湾、そして多くの高い点と低い点があります。これはこのエリアの雨、風および温度に影響を与える可能性があります。天候や気温は、特に山岳地帯では早く変化する可能性があることを常に覚えておいてください。

事実ですか、またはフィクションですか?

ノルウェーは寒いだけではありません。神秘に満ちています。事実: ノルウェーの気候は、その北部の位置よりも穏やかで、これは湾流の温暖さのおかげです。もちろん、寒くなりますが、暑くもなります!

西ノルウェーでは3月、4月、5月は春であると考えられています。この季節は、自然が息吹く時期の目覚めの驚異で満たされています。私たちは日中が長くなり、明るくなる日々、雪融け、渡り鳥の戻り、最初の花がピークを迎えるのいを感じます。

西ノルウェーでは、3月と4月は通常、冬のように感じ、見えます。山間部のスキーは、これらの月の間は、依然として人気のある活動です。フィヨルドの近くでは、最初の花はこの時期に咲きますが、草は5月まで生えません。5月には、ノルウェーのフィヨルドの多くの果樹が咲き誇り、子羊は浮かれ騒ぎ、山の水は谷の側面を滝のように流れます。

5月17日はノルウェーでは活気のある日で、パレード、国旗、音楽および多くの食べ物とアイスクリームで国家憲法の日を祝います。人々は最高の服で着飾り、多くの人はノルウェーの民族衣装の「bunad」と呼ばれる服をまといます。  

6月、7月、8月は西ノルウェーの夏季です。日中が最長になり、風景は緑豊かになり、最も快適な気温になります。明るい、終わりのない夜は、美しい自然の中でたくさんのアウトドアアクティビティを可能にします。カヤック、ハイキング、サイクリング、水泳、そして太陽が沈むときの夜遅くのバーベキューがあります。しかしながら、天気はまだ驚くほど肌寒いことがあるので、用心して、天気予報を確認し、念のために暖かい衣類を携帯してください。

6月20日~22日は、1年で最も明るい日々で、フロムではだいたい午前4時に日が昇り、午後11時に日が沈みます。6月23日は、ノルウェーでは聖ヨハネのイヴを祝い、これはより一般には真夏のイブと呼ばれています。各村、町、都市では焚火が灯され、人々は集まって一緒に明るい真夏の夕方を祝います。 

9月、10月、11月は西ノルウェーでは秋です。ノルウェーでは、秋が1年で最も美しい季節です。さまざまな色の葉、純粋で透明な空気とおいしい果物、果実、きのこの季節です。最初の数ヶ月間に、明るい緑色から美しい黄色、オレンジ色、赤色への色の変化を見つけ出すことができます。目に映る光景!

秋は山に向かったり、自転車に乗ったり、フィヨルドや渓谷を散歩したりするのに絶好の季節です。有名なRallar Roadは、秋の人気スポットで、滝や色の変化に富んだみずみずしい自然の景色を提供します。壮大なコンビネーションの旅は、フロム鉄道でフロムからミュルダルまで列車に乗って自然を楽しむことです。それから自転車をレンンタルして、ミュルダルからRallar Roadの最後の部分を下りフロムに戻ります。

秋の最初の数ヶ月間、気温はまだ高く、気持ちがよく、時には夏ほどに高くなることもあります。しかし、また雨で、肌寒くなるかもしれないので、重ね着して、暖かい衣服や傘を携帯することは良いアイデアです。冬がやってくる11月には雪が降り出し、暖かい暖炉と屋内での遊びを楽しむ季節になります。 

12月、1月、2月は冬期です。12月にはクリスマスを祝い、丸1ヶ月間ほとんどフェスティバルの準備に費やされます。12月の天候は通常、1月や2月ほど安定していません。1月と2月は正真正銘の冬であり、きらめく雪と凍えるような寒さの季節です。この時期は1年でも非常に美しく、青みがかった光と雪で覆われた山、そして凍った滝を楽しめます。スキー旅行と雪遊びをするための暖かい衣服だけが必要です。

冬は、フィヨルド、山の側のスキー場、スキーリゾートの有無にかかわらず、多くのアクティビティを楽しめます。スノーシューイングは、楽しく人気のあるアクティビティで、スキーなしで雪を楽しむのに最高の方法です。もう一つの旅は、ステーガスタイン望台に向かって、雪で覆われた山々と深い青色のAurlandsfjordの息を呑むような景色を眺めることです。

寒い日中に屋外で過ごした後は、暖炉の前でココアや「グルック」でくつろぐことができます。広く知られている秘密は、ノルウェー人が短い日中を補うチャンスがあるときはいつでも、焚火したり、ローソクに火を灯すことです。大変快適な習慣ですので、ご安心ください。