Go to content

歴史的情報

狭く美しいフロム渓谷を通るフロム鉄道は、ノルウェーのエンジニアリングの驚異と見なされています。こちらでフロム鉄道の歴史についてご覧いただけます。

概要:

1871年 新しい鉄道の最初の計画が、Voss のChief Forrester Hans Gløersenにより提案されました。彼は、ベルゲンとオスロ間に支線を建設することを提案しました。
1893~1903年 測量技師が、ミュールダール – フロムおよびVoss–Stalheim–グドヴァンゲンという別のルートを提案しました。
1904~1916年 ケーブルカー、ロードバウンドトロリーカー、ラック式鉄道、接着式鉄道など、様々な技術が検討されました。エンジニアと意思決定者は、狭ゲージ(1.067mm)と標準ゲージ(1.435mm)、蒸気駆動列車やその他の化石燃料駆動の列車、さらには電車を評価しました。
1908年 ノルウェー議会は、国家鉄道計画で、ミュールダール – フロムのルートを含めました。年間推定乗客数は22000人です。
1916年 ノルウェー議会は、通常ゲージ、接着型鉄道を承認しました。
1923年 ノルウェー議会は電車に決定し、全体的な建設プロジェクト用の資金を承認しました。
1924年 このフロム鉄道の重要な年は、20.2kmの長い線路が建設されました。20本のトンネルが計画されたましたが、そのうちの18本は人手により切り抜かれました。トンネルの1mを掘るためには、作業員の1か月の労働が必要でした。トンネルの総長は5692に上りました。ノルウェー経済の強さと世界全体の経済状態に依存して作業者数は120~220人に変化しました。
1936年 作業員が線路の敷設を開始しました。小さな蒸気機関車が重い荷物を運ぶために利用されました。
1940年 建設計画が完了した年です 。電動機関車が導入され、Kjosfossen滝に発電所が建設されました。1942年にフロム鉄道の操業が期待されました。1940年4月にノルウェーが侵略された時、5kmの線路の敷設が残っていました。ドイツ政府は建設を続けるよう要求し、1940年8月1日には、列車の運航が開始さました。
1940-1942 貨物列車に蒸気機関車が装備されました (NSB タイプ25-nos.228、455、424、425)、最大8つのアクセルと手動のブレーキがそれぞれの列車に装備されました。下りは65分、昇りは80分かかります。途中のBerekvam stationには給水塔があります。
1941年 3本の蒸気機関車にエンジンパワーブレーキが追加して搭載された後、2月10日に旅客列車として操業が開始されました。運輸省は新しい鉄道の名前をフロム鉄道(フロム線)としました。
1942年 フロム鉄道が正式にノルウェー鉄道(NSB)に移転され、ベルゲンの地方事務所の管理となりました。通常の操業は公式に1942年5月1日に開始されました。
1944年 フロム鉄道は、Kjosfossen滝に新しい発電所を完了させて、ドイツ占領軍により、電動化されました。電気機関車への給電に必要な変圧器は、オスロのノルウェー抵抗グループの爆発により妨害されました。電動化は、11月24日まで延期されました。
1947年 El 9電動機関車が到着し、最初のアルミ製旅客列車のサービスが開始されました。フロム鉄道でも、蒸気動力列車の歴史がついに終わりがきました。
1940~1952年 乗客数が年平均で11%まで増えました。
1953~1969年 この期間に、115,000 の乗客が毎年フロム鉄道を利用しました。メディアは、肯定的な記事を書くことはめったになく、代わりにフロム鉄道の操業を止めるべきかどうかに焦点が当てられました。しかし、それらは徐々に改善されてきました。すべての車両にスピーカーが搭載され、Kjosfossen滝に新しいプラットフォームが建設されました(1968年)。
1958年 寝台車がオスロまでの全線に導入され、この新サービスの支持者の勝利となりました。
1969~1979年 乗客数は年率平均10%で増え、175,000人の安定乗客までになりました。
1976年 70年後、ミュールダール鉄道駅のレストランが閉鎖されました。
1978年 オスロからの朝急行が、ミュールダール駅に停車するようになりました。
1979~1989年 1980年代初期に乗客数が主として増加しました。フロム鉄道は毎年20万人の旅行客が利用するようになり、批評家たちの廃止提案も止みました。
1982~1983年 35年間、休みなく走行した後、El9は交換され、新しい機関車が到着しました。改修されたEl 11 機関車の利用が始まりました。1984年に、BM 69電車が複数台が導入されました。
1992年オスロとベルゲンの間に一年中使用可能な新しい道路が開設されました。これはフロムへは道路で行けることを意味します。
1992~1994年 1992年にフロムに新しく駅がオープンし、1994年、ミュールダール駅に古いレストランが再オープンしました。フロム線の乗客は劇的に増加しました。1994年には、乗客数は380,000でした。
1997年 フロム鉄道の寝台列車が廃止されました。
1998年 フロムUtvikling会社が、年間を通じた経営を目指して、 フロム線の販売とマーケティングの責任を負うことになりました。これによりフロム鉄道はノルウェー最大の私鉄となりました。新しい列車に投資が行われました。6台のEl 17 機関車、12台の伝統的な内装の客車です。複数のガイドが雇用され、出発本数も増えました。夏季には1日10本の列車が出発します。
2000年 Kjosfossen滝では、古い駅プラットフォームに代わって大きなオープンテラスプラットフォームに置き換わりました。
2005年 フロム鉄道は475,033人の乗客数を記録しました。
2010年 LCD画面付きの新しい情報システムと、コンピューター制御のスピーカーガイドが新しく装備されました。このシステムにより、お客様に、音、文字、画像などで有用な旅行情報を提供できるようになりました。これらの情報は15カ国語で利用できますが各車両、各出発ごとに最大3カ国語までに制限されます。
2010年 フロム鉄道は、ナショナルジオグラフイック旅行マガジンにより、ヨーロッパで最も美しい列車の旅のトップ10に選ばれました。
2011年 Society of International Railway Travelersは、フロム鉄道を世界25の最も美しい列車の旅の1つとして評価しています。
2011年 乗客数新記録: 618,557人
2012年 乗客数新記録: 635,368人
2013年

乗客数新記録: 718,195人

2015年

乗客数新記録: 781,427年