Go to content

ユネスコ世界遺産

世界でもノルウェー西部のフィヨルドのように息をのむように素晴らしい景色を楽しめる場所はほとんどありません。これらのエリアのうち2か所がユネスコの世界遺産に指定されています。ネーロイフィヨルドは2005年に登録されました。このユニークなフィヨルドは全長17kmで、幅は最も狭いところでたったの250mです。

フィヨルド周辺の山々は1,800mと険しく、その山際からは絶え間なく滝が流れ落ちています。道にはつながっていない小さな農場を、フィヨルドに沿っていくつか目にすることができるでしょう。これは、フィヨルドがこのエリアで最も重要な輸送動脈だったことを示しています。

ネーロイフィヨルドは有名なソグネ・フィヨルドの支線で、フロムからグドヴァンゲンまで1年中毎日ボートクルーズを楽しめます。

この地域には世界遺産というステータスが与えられ、特に美しい景色と特別な文化価値があると考えられています。ユネスコは世界遺産に関する責任を有し、世界の自然と文化遺産を保護しています。

 登録された地域は、現在だけでなく未来においても、特別な保護の対象となります。