Go to content

アウルランドシューズ

ストーリ

新しいアウルランドシューズファクトリは1930年代につくられました。Nils Tverangerが、北米のイロコイ民族のモカシンにインスパイアされたものです。

アウルランドでのシューズ製造の伝統は、1880年代に遡ります。多くの人々が、当時アウルランドにやってきた鮭釣りを楽しむイギリス貴族がアウルランドでシューズ作りを活発にさせた主な理由であると信じています。「サーモンロード」は、彼らのシューズを修理する必要があり、これが取引を鼓舞した可能性があります。

Nils Tverangerと最初のアウルランドシューズ

アウルランドシューズの初期のバージョンは、1908年に販売が開始されました。Nils Tverangerは、アメリカでシューズ作りを学んだ後、アウルランドでシューズの修理屋として居を構えました。彼はアウルランドシューズの最初のバージョンを開発しました。それにはシューズひもとアイが付いており、ナショナルシューズと名付けられました。Tverangerは、シューズの修理屋の芸術を職業に変えたのです。Nilsと彼の妻、Hansine Toraldsdotter Onstadは、4人の子供をもうけました。彼の子孫は、現在でも工場で働いています。

新しいデザイン

1930年代は不況の時代でしたが、アウルランドには楽天主義が漂っていました。Nils Tverangerはアウルランドモカシンを開発しました。これは、Norwegian Teseskoenと似たもので、後にアウルランドシューズと名付けられました。第二次世界大戦終了後の数十年間、このシューズは、非常な人気を博し、男女ともに流行のシューズとなりました。イギリス、カナダ、アメリカに輸出され、遠く離れたスバールバル諸島でも人気を博しました。 

厳しい時代と没落

1960年代の終わりに向け、ノルウェーのシューズ産業は困難な時代を迎えます。激化する競争により、国全体でシューズの製造者が生産を中止し、これによりアウルランドにおける生産も影響を受けました。100人を雇用する19のシューズ工場があった時から、まもなく、ほんのわずかの工場のみが残りました。しかし、伝統を継承しようとした人はAnsgar Wangenおよび妻Eldbjørgと彼の息子Svein Odarでした。1989年以降、アウルランドのシューズ製造者だけがアウルランドシューズを製造しています。

レザーと職人技の伝統は現在人気があります

今日、遺産と伝統を保存するトレンドがあります。これは、伝統的なアウルランドシューズにも当てはまります。現在では、工場は、有名なノルウェーのデザイナーと提携して、新しいコレクションを開発しています。人々は現在、アウルランドシューズが最初のペニーローファーだったことを知っています。

今日では、工場の作るものはシューズだけではありません。主要なファッションハウスの助けを借りてバッグやアクセサリを開発しました。 ここのオンラインストアでアウルランド製のシューズを見てください

アウルランドシューズを見学し、この伝統工芸の生きた展示センターである アウルランドシューズエコノミュゼでその歴史の詳細をご覧ください。